開店祝いには花が最適|気持ちが伝わるプレゼントを贈ろう

ギフト

品物の相場

香典返し

昔から続いている風習として香典返しがあります。香典返しとは、身内が亡くなってから四十九日の忌明け法要が終わった後に、近親者やお世話になった人などに報告とお礼を兼ねて品物を贈るというものなのですが、法要は日常生活の中でほとんど行なう機会がないために、いざ香典返しを贈ろうにも戸惑ってしまうでしょう。そもそも、香典返しの品物を選ぶのなら相場と費用の目安を把握しておくべきです。実は、基本的に香典返しはいただいたお香典の半額程度で良いと言われています。これを半返しというのですが、例えばお香典で10,000円を頂いた人には5,000円相当の香典返しを贈るとよいでしょう。また、最近では葬儀当日に返礼品を手渡す当日返しをする場合も多く、手渡す品物の金額がお香典の半額程度であれば後日わざわざ香典返しをする必要はなくなります。

香典返しの代わりに当日返しをする際、葬儀の日に手渡した品物の値段がお香典の半額に満たない場合は、後で差額分の贈り物をしなければいけません。しかし、葬儀の当日には会葬お礼品という意味で500円程度の品物を贈ることがあるのですが、これは香典返しとは言えないので、予算は別で考えるようにしましょう。さらに、香典返しはお葬式に参列した方全員に贈ると考えているはずですが、親族や身内から受け取った比較的金額の大きなお香典には必ず半返しをする必要はありません。逆に、あまりに丁寧に半返しをしてしまうと、お香典をくれた方が不愉快に感じる場合もあるので注意しましょう。